ナポリの卵城


卵城(Castel dell'Ovo)は12世紀にノルマン人によって建てられ、ナポリのサンタルチア港の埠頭に突き出たように作られている。
この卵城というのは通称であり、ノルマン人がこの城を築くにあたって、基礎の中に卵を埋め込んで、「卵が割れるとき、城はおろか、ナポリにまで危機が迫るだろう」と呪文をかけたと言われており、このことが城の名前の由来であるとされる。
1995年にナポリに点在する他の遺跡と共に文化遺産にも認定されている。
それから800年以上経った現在、この城から眺めるナポリ湾とベスビオス火山は絶景だ。夜はライトアップされ幻想的な風景にカップルたちが集う。







イタリアエクスプレス
イタリアエクスプレス

  • 卵城
  • ナポリ
  • サンタルチア
  • ベスビオス火山
  • 文化遺産